フラワーショップ 蘭らん
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
sponsored links
最新情報
<< メルマガ会員はいつでも1割引きに | main | 今月のおすすめ!可愛いミニ洋蘭ポリブルボン >>

2月の花ごよみ〜三度楽しむ台湾小梅〜

台 湾 小 梅

〜三度楽しむ台湾小梅〜

 

 

皆様、沖縄県内で梅が栽培されている事をご存知でしょうか。毎年1月〜2月になると新聞やテレビ等で梅の開花が報じられます。これは名護市源河の(大湿帯・オオシッタイ)や本部町伊豆味の山道等に栽培されています。

 

本部町伊豆味は、かつてはパインの生産地として、近年ではみかんの生産地としてその栽培作物も変化してきました。時の移り変わりにより、その作柄も変わって来たのです。そんな流れの中で、台湾小梅が栽培されました。

 

沖縄の台湾小梅は、その昔(年度は不明)庭木用として台湾から移入されたものです。接ぎ木で栽培が始まりましたが、現在見られる梅は桃(キーモモ)の木に接ぎ木したものです。本土産の梅では、実を付ける事が難しいと言われています。

 

梅は、花を目で楽しみ。匂いを鼻で楽しみ。実を口で楽しむ。三度楽しむ事が出来ます。

 

花の時期は、例年1月〜2月の寒い時期に咲きます。(本土の梅は、2月〜3月頃に開花します。)花持ちは短く2週間ぐらいで散りますので、花見シーズンもあっと言う間に終わってしまいます。

 

梅の実の収穫は、5月の連休時期に収穫することができます。梅酒や梅酢、梅干へと加工され、冷やした梅酢は、夏の飲み物として最適です。

 

例年この時期の伊豆味街道周辺でも見る事が出来ますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

花言葉(高潔・忠実・忍耐)


スポンサーサイト

  • 2017.11.29 Wednesday
  • -
  • 09:28
  • -
  • -

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック