フラワーショップ 蘭らん
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
sponsored links
最新情報

2月の花ごよみ〜三度楽しむ台湾小梅〜

台 湾 小 梅

〜三度楽しむ台湾小梅〜

 

 

皆様、沖縄県内で梅が栽培されている事をご存知でしょうか。毎年1月〜2月になると新聞やテレビ等で梅の開花が報じられます。これは名護市源河の(大湿帯・オオシッタイ)や本部町伊豆味の山道等に栽培されています。

 

本部町伊豆味は、かつてはパインの生産地として、近年ではみかんの生産地としてその栽培作物も変化してきました。時の移り変わりにより、その作柄も変わって来たのです。そんな流れの中で、台湾小梅が栽培されました。

 

沖縄の台湾小梅は、その昔(年度は不明)庭木用として台湾から移入されたものです。接ぎ木で栽培が始まりましたが、現在見られる梅は桃(キーモモ)の木に接ぎ木したものです。本土産の梅では、実を付ける事が難しいと言われています。

 

梅は、花を目で楽しみ。匂いを鼻で楽しみ。実を口で楽しむ。三度楽しむ事が出来ます。

 

花の時期は、例年1月〜2月の寒い時期に咲きます。(本土の梅は、2月〜3月頃に開花します。)花持ちは短く2週間ぐらいで散りますので、花見シーズンもあっと言う間に終わってしまいます。

 

梅の実の収穫は、5月の連休時期に収穫することができます。梅酒や梅酢、梅干へと加工され、冷やした梅酢は、夏の飲み物として最適です。

 

例年この時期の伊豆味街道周辺でも見る事が出来ますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

花言葉(高潔・忠実・忍耐)


メルマガ会員はいつでも1割引きに

月からのメルマガ会員特典

 

毎月第1日曜日と第3日曜日を 1割引きで販売していました

メルマガ感謝の日」を好評により、2月からメルマガ会員は

いつでも1割引きにて販売いたします。

 

これまでどおり、ご来店・電話での注文の際にメルマガを見ましたと

言っていただければ、商品1割引きにて販売いたします。

 

使いやすくなったメルマガ会員の特典をどうぞご利用ください。


2017 沖縄国際洋蘭博覧会のご案内

2017 沖縄国際洋蘭博覧会のご案内

約2万点のランが展示される国際規模のビッグイベント。

 

会場は一面のランで装飾され、幻想的な花の世界をご覧頂けます。

 

日時平成29年24()212()

         8:30〜17:30(17:00入館締切)   

※2月2日(木)は休館日

場所:熱帯ドリームセンター(海洋博公園内)

料金:入館料のみ(大人690円、小人350円)

  ※6歳未満は入館無料

      ※沖縄美ら海水族館チケット提示で入館料金の割引あり。(大人340円、小人170円)

 

海洋博美ら海通信2月号

http://oki-park.jp/userfiles/files/event-poster/event1702-poster.pdf

 

 


今月のおすすめ!蕾がブドウのようなリンコスティリス

蕾がブドウのようなリンコスティリス

 

 

ブドウの房のように蕾がつき、美しい花を咲かせるリンコスティリスがおすすめです。

 

ひとつひとつ花が咲いていく様子はとても可愛いですよ。

 

花は甘くスパイシーな、いい香りが楽しめます♪

 

ぜひ、香りを確かめてください(*^▽^*)

 


1月31日は何の日かご存知ですか☆

〜大切な人へお花のプレゼントしませんか〜

 

1月31日は「愛妻の日」です。

 

1月のをアルファベットの「アイ」と読み、31を「サイ」と読んで愛妻だそうです。

 

貴男も奥様や大事な人に、お花を持ち帰ってみてはいかがですか?

 

フラワーショップ蘭らんでも、お持ち帰りしやすい蘭の単鉢や、可愛いかご盛り等を、ご用意しております。

 

 

 

ご予算・ご希望に応じて、お花をお作りすることもできますので、

お気軽にご相談ください♪

 

素敵な日になりますように♥

 

ˊランのことなら蘭らんへ`ˊヾ(✿❛◡❛*)
お電話での、ご注文・ご予約も承っております☆
TEL:0980-48-3678   FAX:0980-48-4770

 

 


カトレアがおすすめです☆

フラワーショップ蘭らんは、とてもいい香り

 

カトレアがおすすめです!

 

 

花の大きさ、形、色、香り・・・個性それぞれ

 

同じカトレアでも、似たようで違う香りや、全く違った香りがします。

 

花の大きさも、大きな花を咲かせたり、小さな花を咲かせたり、花のつき方も変わります!

 

まだつぼみの状態のカトレアもありますので、どのように咲くのか楽しむこともできますよ(*^^*)

写真は一例で、他にもこれから咲いてくるカトレアがありますので、気になる方はチェックです!

 

ぜひ、フラワーショップ蘭らんへお越しの際は、カトレアを見て香ってみてはいかがですか

 

 

 

 


バレンタインコーナーを設けました

ハッピーバレンタイン!

 大切な人への贈り物に

 

 

もうすぐバレンタインデーですね!

 

バレンタインデーには、キュートにラッピングをした、ラン・観葉植物の贈り物はいかがですか

 

フラワーショップ蘭らんでは、バレンタインコーナーを設けておりますので、お越しの際はぜひご覧ください (*゚▽ ゚*)゚・*

 

ご希望・ご予算に応じて、お花のお作りもできますので、お気軽にご相談ください♪

 

ハッピーなバレンタインを☆

 

 


本島北部で桜まつり始まる

年も明け、いよいよ沖縄の山原(北部)では、本部町の八重岳をかわきりに各地で、

桜まつりが開催されます。

今回は本部近隣の3市町村の桜まつりをご紹介します。

また、桜を見てのお帰りには、ぜひ、「フラワーショップ蘭らん」にもお立ち寄りください。

〜桜もいいけど、蘭もね〜

 

○第39回もとぶ八重岳桜まつり

 

「ひとあし、お先に」をキャッチフレーズに本部町の八重岳で日本一早い桜まつりが

開催されます。標高453mの八重岳の入口から山頂までの舗装道路の両脇に約7,000本の

寒緋桜があなたをお待ちしております。

期間中の土日は「いしくびり大会」を始め、多彩なイベントをご用意してます。

開催期間:平成29121日〜25

 

 

 

○第10回今帰仁グスク桜まつり

 

今帰仁城跡は、琉球王国のグスク及び関連遺産群として、世界遺産に登録された城のひとつで

す。桜まつりでは、石垣と城跡内に植えられた桜がライトアップされ、花の美しさと幻想的な

雰囲気が楽しめます。

開催期間:平成29128日〜212(毎日2100まで)

 

 

 

○第55回名護さくら祭り

 

「日本の春はここからはじまる」をキャッチフレーズに、名護城跡一帯で第55回名護さくら祭りが

開催されます。会場となる名護中央公園の遊歩道約2kmには色鮮やか寒緋桜が咲き誇ります。

開催期間:平成29128日、29

詳しくは、名護Webサイト http://kanko.city.nago.okinawa.jp/

 

 


県内最大級のチューリップ畑!チューリップフェア

チューリップフェア

 

チューリップは低温に触れることにより春に開花する植物で、冬も暖かい沖縄ではあまりポ

ピュラーではありませんでした。

 

しかし、球根の冷蔵処理や品種の選定を行うことで、沖縄でも大規模にチューリップが楽し

めるようになりました。

 

熱帯ドリームセンターでは、露地植えでも年明けから開花する、沖縄の温暖な気候を利用し

た早春のチューリップフェアを開催します。

 

今回の展示会では、8万球のチューリップを植栽し、多種多様なチューリップの世界をお楽しみ

いただけます。

 

日時平成29年121()212()

   8:30〜17:30(17:00入館締切)

※2月2日(木)は休館日

場所:熱帯ドリームセンター(海洋博公園内)

料金:入館料のみ(大人690円、小人350円)

  ※6歳未満は入館無料

  ※沖縄美ら海水族館チケット提示で入館料金の割引あり。

     (大人340円、小人170円)


1月の花ごよみ〜八重岳の桜は戦後復興の歴史〜

カンヒザクラ

 

〜八重岳の桜は戦後復興の歴史〜

 

 

 

本部町八重岳には、芭蕉敷(バショウシキ)と呼ばれる集落がありました。

沖縄戦で山は戦場となり米軍の攻撃で焼き尽くされ、住民や双方の兵士ら多くの人々が犠牲に

なったそうです。

 

芭蕉敷という集落は八重岳の中腹に位置し、芭蕉の木々が多く自生していたためこのような地

名が付いたそうです。明治時代に住民が開拓して、集落をつくり戦後も1950年頃には30世帯

ほどありました。

 

郷土の荒廃を嘆き、荒んだ人々の心を癒すために、1962年に町長に就任した渡久地政仁氏が、

翌年の1963年に琉米親善委員会で当時の米軍司令官にかけ合い、2万ドルの資金補助を貰いま

した。

 

その資金で八重岳の入口から山頂に至る道路沿いに桜の木を植栽して、荒れた山だった八重岳

を桜の花によって癒しの森に変えました。その作業には、植栽の対象となった芭蕉敷の住民も

加わり、年々桜の本数も増えていったそうです。

 

今や本部町の「日本一早い桜まつり」は、一大イベントとなり多くの県民や観光客にピンク色

の花の彩りと香りを届けています。先人の苦労と願いに深く思いを寄せながら八重岳のさくら

を楽しんでみてください。          

 

桜の花言葉(精神の美・優美な女性)